一新されるPMS【おなごの悩み事大解決】

骨盤底筋を鍛えるのが大事

女性の体

頻尿や子宮脱の恐れも

膣の締まり具合は、他人と比べることができないので自分では分かりにくいものですよね。笑ったりくしゃみをした時に尿漏れしたり、湯船に浸かって立ち上がると膣からお湯が出てくるのは、膣が緩んでいる兆候です。そんな時は、膣引き締めのトレーニングを行うと、膣の締まりを良くすることができます。膣引き締めトレーニングは、骨盤底筋を鍛えるトレーニングです。寝転んだり、直立したり、座ったりなどリラックスした状態で、膣や肛門をキュッと閉めて5秒ほどキープし、緩めるという簡単な方法です。息は止めるのではなく、腹式呼吸をしながら行いましょう。締める時に吸い、緩める時に吐き出すのが正しい呼吸法です。1日に5回から10回ほど行うと、続けるうちに膣引き締めが可能になります。膣引き締めトレーニングは、尿漏れの症状を改善するだけではなく、子宮周辺の様々な病気を予防する効果もあります。骨盤底筋をきちんと鍛えていないと、加齢とともに膀胱が過活動による頻尿や、子宮や直腸や膀胱が垂れさがる骨盤臓器脱になる可能性もあるので気をつけましょう。また、膣引き締めトレーニングのやりすぎも、骨盤底筋を疲労させ、弱らせてしまうことがあるため、過剰なトレーニングも禁物です。産婦人科によっては膣圧を調べてくれるところもあるため、計測してもらうこともできます。膣の締まりを良くすることは、女性らしく生きるためにも必要不可欠なことです。しっかりとケアして、活性化させることが大切です。